live510

私はドが付くほどの近眼で出かけるときはコンタクトをつけていますが、家では眼鏡です。
通常ですと、眼鏡もコンタクトも日本で購入しています。
というのもコンタクトは乱視がきついのでハードコンタクトではなくてはならず、
また、メニコンを愛用していることと、以前アメリカでコンタクトを購入したら合わなくて合わなくて何回か相談、交換して貰ったら最後は
「神経質なだけなんじゃないんですか?」と言われたことがトラウマになり、今は里帰りの時に購入しています。

眼鏡はこちらで自分には購入したことがなかったのですが、子供達が眼鏡をかけているのでアメリカでのレンズのクオリティや値段などは把握しています。
視力がそれほど悪くない場合は、こちらで購入しても保険を持っている方なら保険内で収まる、もしくは100ドル前後の出費で済むと思うのですが、私のような度近眼ともなるとHighindex1.74以上がいい、両面非球体とは言わないが、せめて片面非球体で作ってもらいたい等オプションになるようなレンズを選ぶと、保険があってもかなり足が出るものと予想します。
そもそも、アメリカでは眼鏡屋さんによってはこの非球体レンズ(Aspheric Lense)が扱っていないところも多いということでそういっためんどくささから眼鏡も日本に帰国した時に作っていました。

ところが今年はパンデミックにより日本はまだ入国に制限を設けているということもあり、帰れそうにないのですが、眼鏡の方はほぼ寿命。
湯気かぶりまくりの熱風浴びまくりでコーティングがはがれボロボロで、これは来年まで待たないでアメリカで買ってみるか?ということで色々検索してみた結果、オンライン注文になってしまうものの、質、値段共に一番良さげなJINSのオンラインストアで購入してみることにしました。

以下私の経験談、感想です。

JINSオンラインストアでの購入が向いている方。
〇処方箋がある。
〇保険がない、もしくは持っていても大してカバーしない方。
〇近眼が強く、highindex1.74で作って欲しいなどこだわりがある方。
〇直接かけれないのでデザイン的に失敗しても、妥協できる方。
〇眼鏡屋さんに行くのがめんどくさい方。

私の場合は保険はありましたが、JINSと同じレンズのクオリティを眼科併設の眼鏡屋さんで購入するといくらになるかわからない。(保険会社の見積もりだと+$150~)JINSだと保険を使わなくても$100前後で作れるということが決め手で購入を決めました。

1、購入の仕方ですが、先ずはオンラインでフレーム選びです。
自分の写メを取ることにより、バーチャルで試着が出来ます。
少しだけ3Dのような動きがあるものも見れるので、だいたいの感じはここでつかめます。
私はフィルターでStrong prescriptionの人のための眼鏡を検索して、そこから$100の眼鏡を選びました。

2、選んだらカートに入れますが、その時にレンズのタイプを選びます。
レンズはhighindex1.74まであるようですが、自分では選べず処方箋の強さによって使うレンズを決めるようで度の強さがアメリカ表記で-8以上だと1.74のレンズで作って貰えるようです。(レンズの種類をSingle vision でclearを選んだ場合)

3、初めての方は会員登録もしくはアマゾンのアカウントでログイン出来ます。
チェックアウトの手続きの際、処方箋もアップロードします。
私はスキャンしたものを送付しましたが、自分で数字を打ち込む方法もあるようです。

4、後は普通のオンラインショッピングと同じです。
私が購入したときは15%引きのクーポンコード(DADSDAY15  6/20/21まで有効期限)を使い$85になりました。
サインアップすれば、初回の人に限り20%クーポンが送られてくるようですが、私は携帯の番号を入力するのが嫌でそれはしませんでした。

5、購入後、すぐにはメールは来ず、処方箋を確認後、メールが来ます。
私の場合PD数値(瞳孔間距離)の記載がなく、自分で測って知らせる必要がありました。
これ私の場合、そう簡単ではなかったです。
家族に測って貰ったのですが3人が3人違う数字を言うのです。
自分で確認したくても鏡越しだとよくわからず、最終的には計り方のガイドがあるのですが、それを参考におでこに定規をおいて、夫に写真を撮って貰い、画像を大きくしたりして自分で確認して数値を出しました。
1mm単位なのですが、視力がそれほど悪くない人は1mmのずれもたいして影響が出ないようなのですが、視力が悪い人は1mmでもブレを感じることがあるそうなので、本当は眼科で測って貰えてれば良かったです。
通常処方箋にはこのPD数値が書かれていないことが多いそうなので、今から処方箋を貰いに行く人はドクターにお願いしてみるといいかもしれません。

6、処方箋が確認された後発送予定のメールが届きました。
私の場合は注文してから10日後の発送予定日でしたが、四日後には発送されたようで、注文してから一週間で届きました。

7、到着。
UPSPでの発送でした。
眼鏡ケースは黒か赤の2種類のみです。

live511
このような箱に入って届きました。

感想。
私は眼鏡に関してはちょっと気にしいで通常は見え方も少し弱めにして貰ったり、レンズも良い目のものにアップグレードしたりして、今回のような処方箋そのまま、アップグレードもなしの眼鏡を初めて作ったので、今のところちょっと度がきついこともあって慣れていませんが、厚みは日本で作ったものと同じくらいで満足です。

値段もクーポンコードが効いて85ドルだったので、保険を持っていたとしても
同じクオリティのレンズを眼科についている眼鏡屋さんで購入していたら100ドル超えていたかもしれませんのでJINSで購入して良かったです。

ただやはり私は家の中にいるときはあまり見え過ぎない眼鏡が好きなのですが、こうした眼科で処方箋を書いてもらい作って貰う眼鏡は度がちょっときついです。
今回は今使っているのがボロボロな上、眼鏡でも運転出来るくらい視力がでる眼鏡が一つ欲しかったのでこれで満足していますが、来年日本に帰れたら少し弱い度数の眼鏡を作りたいなと思っています。

今回は初の眼鏡のオンライン購入でドキドキしましたが、結果は満足です。
もし、アメリカでの眼鏡購入を考えている方、JINSでの購入を考えてみてもいいかもしれません。
お勧めです。

お勧め度
★★★★★









ランキング参加しています。
banner_Namake3