夫、私共にインプラント一本ずつ。
子供達共に歯の矯正済みと歯にはお金がかかっている一家ですが、幸い体の方は健康でめったに病院に行きません。

それが今月になって二回も病院に行った私です。
共に本当にマイナーなこと。
一つは耳が微妙に痛いということでかかりつけのクリニックでその日に予約が取れたので診て貰い、その二週間後、今度は瞼がかゆく微妙に腫れているように思えたことからこちらはアージェントケア(専門医はいないが、簡単な症例なら診て貰える診療所)に行ってきました。

アメリカの病院って私にとって日本で病院に行くことと比べて敷居が高い。
先ずはクリニックに電話して予約して、運が良ければその日のうちに診て貰えますが、そうでないと次週になることも。

なので、最初の耳もすごく痛いというわけではなく、気持ち痛い程度だったのでどうしようかなとは思ったのですが、当たり前ですが検索かけても
「病院に行くように」としか出てこないんですね。
なので2,3日うじうじ悩んでいましたが結局行くことに。
耳の時はその日にいつものクリニックで予約が取れ、診断は外耳道炎ということで薬を処方され、帰宅しました。
時間にしてチェックインしてから出るまで20分くらいでしょうか、
その後我が家に届いた請求書

120ドル!!

sloth(waht)
高っかぁ~

今までは、このくらいで病院に行ってもCopay(最初に病院に払うもの。デポジットのようなものと思ってください。)を払うくらいだったので、今回も同じくらいかなと思ったのですが、最近夫が転職をし、8月から保険が変わっているのです。
今回の保険はcopayはなし、その代わりディタクタブル(自己負担金)に到達するまで自費になるプランなのです。
家族三人で$900(夫は単独で$300)と高くはないのですが、普段めったに病院に行かないだけに今回少し調整はされていますが、ほぼ実費。
これが年内1200ドル(内、夫は単独で$300、家族三人で$900)に到達するまで、例えフォローアップであろうとも病院に行けば似たような金額が請求されることになります。

そして、その二週間後今度は瞼が痒く、赤くなっていることに気が付きました。
このくらいだったら市販の薬で治したいところだったのですが、
瞼がかゆくなるというのが初めての経験で、やはり日本のサイトで検索すると
「角膜を傷つける恐れがあるため病院に行くように」としかかかれていないので
100ドル超えることはわかりつつも、自己判断で市販の薬をつけて目になにかあったら嫌だなと思い病院に行くことにしました。

こちらはまだ請求書が来ていませんが、昔夫がアージェントケアに行ったときはファミリードクターにかかるのと同じ扱いだったと思うので、似たような金額が請求されるかなと思っています。
(というかそうであって欲しいという願望です。緊急扱いになるともっと高くなるので)

アメリカに住んで二十年になりますが、毎回病院に行くたびに料金の高さにびっくりします。
そしてそれに伴って当然健康保険もびっくりするくらい高いです。
年間900ドルまでほぼ自己負担の我が家の保険ですが、これでも雇用主は月々2500ドル払っているようです。

以前夫がレイオフにあい、その間COBRA(雇用されていたときの保険を実費を払えばそのまま継続できる)を利用しましたが、夫婦二人で月々800ドル払っていました。
(子供は17歳以下だったので州の保険に入ることが出来ました。)
結局この間病院に行くことはなかったのでかけ損したとも言えますが、無保険の間に事故や大病を患ったら家を売りに出さないといけなくなると言われていますから、仕方がないですね。
(今思えば十年前とはいえ、安いですね。今だったら夫婦二人で軽く千ドル超えると思います。)

と思わぬ出費が発生してしまった我が家ですが、我が家はこういった出費の時に慌てたりしなくてすむように月々各項目事に予算を組んで別枠で貯めています。
先月までは医療費は月々$100で予算を組んでいたのですが、今の保険だとディタクタブルの金額を考えると、もう少し貯めておいた方がいいかなということで今月から200ドルにアップさせました。

夫も私ももうすぐ50歳。
今までがラッキーだっただけで今後はもっと医療費がかかってくることでしょう。
そんなとき、慌てなくていいように医療費のための貯金が益々重要になってくるかなと思った今回の出来事でした。



ランキング参加しています。
banner_Namake3