シリーズ
「日本風の食パンを作りたい」の十回目です。

回を重ねて上手くなっているではなく、段々下手くそになっているということでやさぐれて一時作っていなかった食パンですが、先日日系ストアで食パンを購入したところ、カサカサで美味しくなくブーブー文句言いながら食べていたところ娘に
「練習して作れるようになった方がいいんじゃない?」と言われたので再び挑戦です。

一回目はこちら→
二回目はこちら→←今のところ一番マシだった回
三回目はこちら→
四回目はこちら→
五回目はこちら→
六回目はこちら→
七回目はこちら→
八回目はこちら→
九回目はこちら→

食パン1.5斤分
bread flour強力粉(king arthur) 176g
All purpose flour中力粉(costco) 176g
イースト 4g
塩 5g
砂糖 22g
バター27g
水 120cc
牛乳 110cc

live546
どうも過去の記事を読むとスタンドミキサーでも長く捏ねている方が上手く焼けているようなので今回はスタンドミキサーの2で15分捏ねて、手ごねはなしにしてみました。
見た目はいい感じです。

live547
室温で二倍になるまで発酵、フィンガーテストもいい感じ。
これは期待出来るかも。

live548
生地の重さが630gありましたので210gずつの三等分にしました。
美しくはないですが、取り合えず巻き巻きして二次発酵開始。

live549
いつもここでどのくらい発酵させるか悩むのですが、色々と検索してみた結果、今回は
一番高く膨らんでいるところがぎりぎり(5mmぐらい)蓋にかからないと思うところでオーブンに入れました。
ここまで発酵させれば、きっと角が取れた見栄えのいい食パンが焼けるはず!!

コンベクションオーブンで190度(374F)で30分焼きました。
live550
角は取れて見かけはまぁまぁかな?

live555

live551
切った感じはこのような感じ。

live552
うーん。
やはりパン屋さんの食パンみたいではないですね、、、。

live553
トーストにしてみました。

感想
レシピは②と同じ配合で角が取れるように少し量を増やしました。
それと粉がアメリカでパン作りの一番のお勧めのキングアーサーの強力粉と
普段使っているコストコのAll  perposeと半分、半分の分量にしました。
スタンドミキサーで15分捏ねましたが、やはりこのくらいは必要な感じで、その後手ごねする必要はなさそうないい感じの生地が出来ました。
今回は丁寧に丁寧に発酵も時間をかけて焼き上げたのですが、結果、、、。

うーん。やっぱり粗い。

今回は生地も丁寧に作りましたし、美味しいことは美味しいのです。
ですが、焼きたてを生で食べる分にはそこまででもないのですが、トーストするとザクッとする感じがあります。
ゴールが日本の食パンでなければ十分な美味しさだと思うのですが、日本のパン屋さんのパンをイメージするとやっぱり違うんですね。
これが手作りの限界なのか、それともどこか私の手順にミスがあるのか、パン作りは本当に難しいです。

とりあえずはレシピはこれで固定して後は粉を変えるか温度を変えるか試行錯誤していこうかなという感じです。

live554
ポテトサラダがあったのでポテトサンドを作ってみました。
切り口みるとやはり粗さがわかりますね。
うーん。どうしたらキメの細かいパンが作れるのでしょうか?
まだまだ挑戦は続きます。


ランキング参加しています。
banner_Namake3